ゲンキの時間|4・4・8呼吸法のやり方を紹介!

美容・健康
スポンサーリンク

2020年10月4日放送の健康カプセル!ゲンキの時間で、
呼吸の質を高める4・4・8呼吸法について紹介されました!

4・4・8呼吸法とは、頭痛や肩こりなどの不調の改善が期待できる呼吸法です。

司会の筧利夫さんと西尾由佳理さん、ゲストの檀れいさんと一緒に学びます。

教えてくれるのは、ハーバード大学ソルボンヌ大学医学部客員教授、
医学博士で内科医の根来秀行先生です。

4・4・8呼吸法のやり方

鼻から4秒吸う、4秒止める、8秒で吐くのが4・4・8呼吸法です。

おなかに手を当て、横隔膜を意識しながらやるのがポイントです。

1)姿勢を正して座ります。
準備として腹式呼吸を2~3回繰り返します。
 

2)お腹の上に手を置いて、4秒かけて鼻から吸います。
 横隔膜を意識し、お腹に当てた手が前に出るのを感じながら吸います。

3)4秒間息を止めます。
 お腹を突き出したまま息を止めます。

4)8秒かけて鼻から細く長く息を吐きます。
 横隔膜を意識し、ゆっくり鼻から息を吐きます。
 お腹が徐々にへこんでいくのを手で感じながら吐きます。

4・4・8呼吸法の効果の理由

ポイントは腹式呼吸です。

最初の4秒で鼻から息を吸うときに、
お腹が膨らむようにしっかり吸い込みます。

息を止めることで、空気が肺にとどまり、
酸素や栄養が細胞にいきわたりやすくなります。

継続的に続けることで、横隔膜が適度に刺激され、
柔軟性が戻ることで、正しい呼吸が身に付きます。

ハーバード&ソルボンヌ大学 根来教授の超呼吸法


4・4・8呼吸法の他に、集中力を高める1・1呼吸法や、
睡眠向上のための3分間呼吸法、脳疲労をリセットする10・20呼吸法など、
7つの呼吸法について書かれています。

まとめ

健康カプセル!ゲンキの時間で放送された
4・4・8呼吸法についてまとめました!

わたしは不調なときは、息がうまく吸えていない感じがして、
呼吸が浅い感じがします。

落ち着きたいときは、深呼吸をしてとはよく言いますが、
体の不調をよくするためにも呼吸の仕方は大切なんですね。

ヨガなどでもよく言われているのを聞いたことがありますが、
吸うことよりも、息を吐き切ることが大事なようです。

タイトルとURLをコピーしました