ザワつく金曜日【第3回ご当地ポテトチップスNo.1決定戦】いちご、お茶わさび他

グルメ
スポンサーリンク

2020年9月11日放送のザワつく!金曜日一茂良純ちさ子の会で
第3回ご当地ポテトチップスNo.1決定戦がありました。

スタッフが厳選した8種類のご当地ポテトチップスの中から選ばれます。

県を代表する名産品や高級品を使ったポテトチップです。

第3回ご当地ポテトチップスNo.1決定戦

千葉伊勢海老ポテトチップス

食感と甘みが絶品な伊勢海老ポテトチップスです。

ポテトチップスが先に来て、あとでエビが来るそうです。

大阪紅ショウガ天ポテトチップス

大阪のソウルフードの紅ショウガ天がポテトチップになりました。

お祭りに行きたくなるようなポテトチップスだそうです。

栃木とちぎチーズポテトチップ

栃木県の中でも乳牛の飼育が盛んな那須塩原高原にある
濃厚でコクのある味わいのチーズを使ったポテトチップです。

スイス原産の乳牛ブラウン・スイスの牛乳からチーズを作っています。
乳成分が多くて、コクのある味わいが特徴です。

岡山津山ホルモンうどんポテトチップス

甘辛の味噌ダレ味の津山ホルモンうどんがポテトチップスになっています。

津山ホルモンうどんは、全国のご当地グルメを競うB-1グランプリで
準優勝した岡山県津山市のご当地グルメです。

新鮮でくさみの少ない牛ホルモンに玉ねぎや長ネギなどの野菜を加え、
味噌ベースの甘辛のタレで仕上げた焼うどんです。

味を再現するため、味噌、ごま油など9種類のパウダーで味付けしています。

B’zの曲が流れていましたよ♪

津山といえば、B’zの稲葉さんですもんね。

佐賀たまねぎポテトチップ

すっきりした辛さで風味豊かな玉ねぎポテトチップス。

佐賀県は玉ねぎ生産量が全国2位です。

ポテトチップスに使用するのは白石産のターザンという品種。

すっきりした玉ねぎらしい辛味が特徴です。

一度乾燥させて粉末にすることで玉ねぎの風味が強いポテトチップスになっています。

神奈川葉山牛ポテトチップ

三浦半島の海と山に囲まれた自然豊かな地で育てられた葉山牛は、
美味で超希少な牛肉です。

柔らかな肉質と甘みの強い脂身が特徴のブランド牛で、
農林水産大臣賞を5年連続で受賞しています。

生産農場が少なく年間250頭しか出荷されないため幻の牛肉と呼ばれています。

赤身のお肉でコーンビーフの味に近いそうです。

静岡お茶わさびポテトチップス

わさび感の辛味を抑えて、お茶の香りを出した
旨味と香りが強いポテトチップスです。

すごく薄いポテトチップスでした。

栃木ストロベリーソルトポテトチップ

甘みと酸味が絶妙ないちごのポテトチップです。

50年以上イチゴの生産量が日本一の栃木県
甘みと酸味のバランスが良くてジューシーで
香りの強いスカイベリーという品種を使用しています。

スカイベリーを粉末加工して塩とバランスよくブレンド

しょっぱいいちご味のするポテトチップです。

ご当地ポテトチップスNo.1は?

1位だけを選ぶ企画です。

大阪の紅ショウガ天ポテトチップスが選ばれました!

ちさ子さんと良純さんが選んで、No.1になりました。

良純さんはもともと紅ショウガが好きなのと、
ちさ子さんは、紅ショウガは好きだけど、たくさん食べられなくて、
ポテトチップだと、たくさん食べられるから、という理由でした。

一茂さんは葉山牛を選んでいました。

タイトルとURLをコピーしました