ヒルナンデスで効果的なスクワットのやり方をティップネスインストラクターが紹介!

美容・健康
スポンサーリンク

2020年9月14日放送のヒルナンデス
効果的なスクワットのやり方について紹介されました!

教えてくれたのはティップネスインストラクターのMeiさんです。

効果的なスクワットのやり方

スクワットの間違ったやり方の理由

足幅が狭いスクワットは、
太ももの前の筋肉ばかりに負荷がかかりがちです。

女性が気になる内ももやお尻への負荷が弱くなり、
十分に鍛えることができなくなってしまいます。

効果的なスクワットのやり方

1)足幅を肩幅よりも広く開きます。
2)つま先は斜め45度に向けます。
3)後ろにある椅子に座るようなイメージで腰を落とします。
4)初心者の方は、1日20回・2セットが目標です

背筋をまっすぐにして、
スネと上体が平行になるように意識することがポイントです。

内ももとお尻にしっかり負荷をかけることができます。

まとめ

効果的なスクワットのやり方についてまとめました!

いかがでしたか?

どうせやるなら効率的なやり方をしたいですよね。

足幅はかなり広めに開いていて、きつそうでした。

タイトルとURLをコピーしました