ハッピーパウダーのおいしさの秘密はアミノ酸?粉の溝を深く改良

グルメ
スポンサーリンク

ハッピーターンって美味しいですよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

亀田 ハッピーターン 67g
価格:108円(税込、送料別) (2019/7/24時点)

楽天で購入

 

さくっとした口当たりのいいおせんべいに
甘じょっぱい粉がまぶしてあります。

昔からありますよね。

個包装なのも食べやすくていい感じです。

最近はハッピーターンの粉(ハッピーパウダー)2倍とか、
粉(ハッピーパウダー)だけ売ってたりとか

ハートのハッピーターンが入ってるかも?とか
何かと話題の品を販売しているイメージです。

 

ハッピーターンの粉には何が入っているの?

ハッピーターンにまぶしてある粉、正式名称はハッピーパウダーと言います。

おいしすぎて中毒性があるので魔法の粉だという人も^^

ハッピーターンの粉(ハッピーパウダー)には、

たんぱく加水分解物、塩、調味料(アミノ酸等)
グルタミン酸ナトリウム等が入っています。

アミノ酸、グルタミン酸ナトリウムは、
味の素のようなうまみ成分の入った化学調味料です。

うまみ成分なので、おいしく感じるはずですよね。

さらに、糖類などで甘味をつけています。

このハッピーパウダーの配合は企業秘密です。

ハッピーターンの美味しさの秘密は溝にあり?

2019年7月23日(火)の日経ビジネスに
ハッピーターンを販売している
亀田のあられおせんべい♪でおなじみ亀田製菓
技術開発部マネージャーさんのインタビューが載っていました。

ハッピーターンは、時代の食生活の変化に合わせて、
微妙に改良しているのだとか。

「味が薄くなった」というお客さんがいることから、
その声に合わせるとともに、大幅な変更はせずに、
粉をまぶす溝を改良することで微妙に変化させているそうです。

ハッピーパウダー(粉)ができるだけ落ちないようにすることを
目標として、パウダーポケット、パウダーキャッチという製法を編み出して、
近年では溝の数を増やしたとのことです。

何気に食べているお菓子ですが、
美味しさの秘密には企業努力もあるんですね。

タイトルとURLをコピーしました