マッサマンカレーは世界一美味しいって誰が決めたの!?

グルメ
スポンサーリンク

カップヌードルでお馴染みの日清食品から、
2019年7月1日(月)にカップヌードルマッサマンカレービッグが、
5年ぶりに待望の復活!

マッサマンカレーはタイ南部の世界一美味しいと言われるカレー
・・・って、誰が世界一美味しいと決めたの?と

普通に疑問に思ったので調べてみました。

マッサマンカレーとは

タイ南部で食べられている
じゃがいもと鶏肉を柔らかく煮込んだカレーです。

もともとはタイの地方で食べられているカレーで、
タイでは、あんまりメジャーではないとのこと。

タイカレーらしくココナッツミルクを使っているので、
そんなに辛くありません。

そもそもマッサマンとはイスラム教のという意味で、
豚肉が食べられない「イスラム教徒のための鶏肉(チキン)カレー」
それがマッサマンカレーです(笑)

マッサマンカレーが世界一美味しいって誰が決めたの?

CNNGoというアメリカの情報サイトが2011年7月に取り上げた
「World’s 50 most delicious foods(世界で最もおいしい50の料理)」
という企画でタイのマッサマンカレーが1位になったことから、
注目されるようになったとか。

・・・アメリカ人が選んだんかいっ!

CNNGoというのは、
CNNインターナショナルという国際向け放送の旅行番組で、
その中の「世界で最も美味しい50の料理」でマッサマンカレー
第1位に選ばれたらしい。

ちなみにこの50の料理は、カレーばかりではなく、
世界のさまざまな食べ物50の中から、
マッサマンカレーが栄えある1位に輝きました。

このことから、日本で「世界で一番美味しい」という
触れ込みで商品化されているのですね。

日本で食べられるマッサマンカレー

★2019年7月1日に日清食品からマッサマンカレーBIGが発売

★ポッカサッポロフードのじっくりコトコトシリーズより、
じっくりコトコト(こんがりパン)マッサマンカレーは、
2019年5月20日より期間限定で、発売されています。

あと、ご自宅でマッサマンカレーを作るなら、
ペーストタイプとレトルトタイプ、缶詰があります。

グリーンカレーやトムヤンクンなど
タイの調味料でお馴染みのMAE PLOY(メープロイ)社のものが
カルディで売られています。

あとは、成城石井無印良品で、
マッサマンカレーのレトルトが売られています。

グリーンカレーやレッドカレーなど、
タイカレーやタイ料理が好きな人には、
第三のタイカレーとしてマッサマンカレーは知られているようですが、

何気に日本で流行っているようなので
気になる方は召し上がってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました