台風で飛行機が欠航になるのはいつ決まる?

生活
スポンサーリンク

8月お盆の時期は台風シーズンですね。

お盆休みに里帰りや旅行をしているときに台風が近づいてきていると、
予定を変更、キャンセルをしようかどうしようか、

帰りは大丈夫なんだろうかと気になりますよね。

ここでは台風で飛行機が欠航になるのはいつ決まるのかを紹介します。

台風で飛行機が欠航になるのはいつ決まる?

台風が近づくスピードや風の強さなどの勢力によるので一概には言えません。

天候状態をみてそれぞれの空港の判断で決まります。

早くて前日の夕方から夜。

一般的には当日の朝や出発の数時間前に欠航が決まります。

ギリギリだと出発直前に飛べないということも。

テレビのニュースなどでは、
前日だとまだ欠航が決まっていなくて、
運行状況の詳細は空港のホームページでご確認ください
よくアナウンスしていますね。

台風で飛行機が欠航になったときはどうすればいいの?

台風や悪天候などの影響で飛行機が欠航になった場合は、
航空会社からメールが来たり、ホームページに掲載されたりします。

どうしても移動が必要な場合は、
天候の回復を待って飛行機が飛ぶのを待つか、

飛行機はキャンセルして、他の移動手段(陸路・新幹線など)をとるかの
決断が迫られますね。

飛行機(振り返便)で移動する場合は、どっちみち空港に行って、
カウンターで手続きをしなくてはいけません。

飛行機に乗ること自体をキャンセルする場合は、後日全額返金されます。

台風で飛行機が欠航になり乗れなかった場合

キャンセルの手続きはインターネットや電話でできます。

が、欠航当日はつながりにくいので、急がない場合は後日でも大丈夫です。

欠航になって乗らなかった飛行機のチケット代は、
クレジット決済をしていれば、クレジット会社を通しての返金、
もしくは、銀行に振り込まれる形での返金になります。

金額は全額返金です。

まとめ

台風シーズンの飛行機での移動は万が一のことを考えて、
予定を早めに切り上げるか、

数日前から天気予報で台風が来ていることは分かるけれど、
実際に天候状況はどうなるか飛行機が欠航になるかは分からないので、

なるようになれと、どーんと構えておくか、

遅れてもいいのか、時間的に余裕があるのか、
人それぞれの状況やその人の性格によりますよね。

いずれにせよ、台風が近づいて来ているときは
天気予報とニュースを細かくチェックするしかないと思います。

飛行機に乗る経験があまりなくて心配な方は、
航空会社や旅行会社に問い合わせてみるといいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました