G20大阪サミットで伊藤園の水素水が配布された理由は?

ニュース
スポンサーリンク

2019年6月28日(金)29日(土)に開催された
G20大阪サミット

天候の心配がありましたが、無事に終了してよかったですね。

大阪や京都などでは交通規制もあったりして大変だったと思います。

テレビやネットのニュースでも大阪G20の話題で持ち切りでしたね。

そんなG20大阪サミットで提供されていた
飲み物の中に、数年前にブームになった水素水があったことが
話題になっています。

水素水とは?

水素水と言えば美容=藤原紀香さんのイメージが強いですよね^^

一時期流行っていろんな商品が出回っていて、
ネット通販や店頭(スーパーやドラッグストア)などでも
よく見かけていましたが、

消費生活センターへの相談が増えたり、
美容やダイエットによいという科学的根拠が薄いということで
水素水の流行は下火となり、最近はめっきり見かけなくなりました。

だいたいよくよく考え見ると水=H2O
水素と酸素なのに、水素水って…?となりますよね。

水素濃度が高めのお水が水素水ということらしいですが…。

具体的な濃度とかを数式がネットに出てたりもしますが、
科学にうとい私はさっぱり分かりません^^;

なんかよく分からないけれど、
人間の体のほとんどは水分でできてるから
水素濃度の高いよいお水(水素水)を飲めば
美容や健康によいということなんですよね?

しかし水素水がすごいブームになっていた
2017年に消費者庁から健康増進効果の根拠はないと、
注意を促す文書が公表されてから、
どうもうさんくさいイメージになってしまいました。

そんな水素水が2019年6月のG20大阪サミットで
お目見えしたものだから、

なんでよりによって水素水?という声とともに
注目を浴びることになりました。

G20大阪サミットで水素水が配布された理由は

外務省の回答では、

G20大阪サミットでの重要な議題のひとつに
プラスチックごみの削減がありました。

そのため、サミット開催の場所でもプラスチックごみの削減に取り組む
という方針があり、水やソフトドリンクなどすべての飲料は、
ペットボトルではなく、缶や瓶製品での提供になったとのこと。

缶や瓶のミネラルウォーターの商品はあまりなく、
この伊藤園の水素水はアルミ缶でサイズが小さめなことから、
選ばれたのではないかということです。

ちなみにG20大阪サミットで提供される
商品の選定は業者委託だそうです。

そして、伊藤園の水素水が配布されていたのは
プレスセンターです。

円卓の会談ではコップに注いだお水が机の上に置かれてあったり、
個別の首脳会談ででは瓶入りのミネラルウォーターが
提供されていたりしました。

そういえば、ツイッターのトレンドの上位にも来てた
あのG20各国首脳陣がぎゅうぎゅうに横並びで
しょぼいと話題になっていた長机ショット(笑)では、

机の上に瓶とコップが置かれてましたね。

G20大阪サミットのプレスセンターで水素水が
提供されていた理由は、プラスチックごみの削減という
サミットの議題に乗っ取り、
環境に配慮した結果だったんですね。

妙に納得しました。

タイトルとURLをコピーしました